イギリス・ロンドンで妊娠生活 Midwife検診&糖尿病検査&エコー検査 28週

Baby Photo

Midwife検診とGlucose Challenge Test (糖尿病検査)

4回目のMidwife (助産師) 検診で、慣れてきました。
検診内容は下記の通り。

  • 予防接種受けたか確認 (whooping cough (百日咳) とインフルエンザ)
  • 胎動があるか確認
  • 尿検査
  • 血圧測定
  • 子宮底長を測る
  • 赤ちゃんの心拍確認
  • MAT B1フォームをもらう
    出産・育児休暇をもらうのに必要な妊娠証明書です。
    母となる人が休みをもらうために会社に提出する書類で、
    助産師さん曰く父親側の会社には提出不要らしいですが、
    会社によっては提出を求めてくる会社もあるとのこと。
  • Breast Feeding Classの予約したか確認
    私が通ったUCLHで無料で提供されています。
    Antenatal Class (プレパパ・ママクラス)とは別です。
  • 蕁麻疹が出るようになったので大丈夫かMidwifeに質問
    「ホルモンの関係でよくあることよ〜保湿して〜」と言われて終了。苦笑
  • Glucose Challenge Test
    妊娠糖尿病かどうかを調べるスクリーニングテスト。
    砂糖水を飲んで1時間後に血液を取り、血糖値を調べる。




今回の検診のハイライトは、Glucose Challenge Test。
砂糖水はまずいまずいと聞いていたけど、
スポーツドリンクをちょっと甘くしたくらいで、
そんなに悪くはなかったです。

終わった後はなぜかグッタリ。
エネルギードリンク飲んだ後、エネルギーが切れた感じ。
帰り道にふわふわ・ボーッとして、歩くのも億劫で、
帰宅してからは夕方4時間くらい爆睡してしまいました。

ネットで調べて見ると、このテストの後に
こうなる人がちょくちょくいるらしいですね。

結果は次回のMidwife検診で教えてもらいました。
(糖尿病ではなく、一安心)




 

3回目のエコー検査

イギリスでは、本来なら2回しかエコー検査はありませんが、
妊娠前のBMIが18以下で痩せすぎとの判断で、
3回目のエコー検査が同じ週の別日にありました。
(Midwife検診とエコー検査は別で、それぞれ予約を取らなくてはならない…)

1・2回目のエコー検査は30分くらい時間かけて、
いろいろ解説付きで顔も見せてくれますが、
3回目の検査はササッとサイズ図って、主要部分確認して、
問題なし!と言われて5分強くらいで終了。

楽しみにしてたのに、ちょっと拍子抜けしてしまったけど、
とりあえず元気そうで何より!
順調なので、約1ヶ月後に4回目のエコー検査を受けることになりました。




 
いつもはMidwife (助産師さん) 1人での検診でしたが、
今回初めて見習いさんと、教育係っぽい百戦錬磨感のあるMidwifeの
2人での検診でした。

見習いさんは知識は少なさそうだけど、めちゃ優しく、
Midwifeは少し厳しい感じの方でした。

余談ですが、出産時に「見習いも付いていいか?」と聞かれるらしく、
Yesと答えた方が、見習いさんがつきっきりでいてくれ、
優しくしてくれるからいいと産前学級等で聞きましたが、
それがなんとなくわかった体験でした。笑

 
もう1.1キロにもなったらしいけど、
これからまだ産まれるまでに3倍近くにもなると思うと信じられません。

胎動も寝づらくなるくらい元気にしてくれています。
このまま元気に育てー!

次へ: マタニティ服・授乳ブラ・ベビー服の入手 30週 (作成中)
前へ: インフルエンザワクチン接種 27週

 
Link
イギリス・ロンドン 妊娠・出産記事 一覧
Londonページ (観光・生活・レストラン情報他)

 
ご質問等あれば、お気軽にコンタクトページからご連絡ください。