イギリス・ロンドンで妊娠生活 イギリスの初エコー検査&出生前診断 12週

12 week scan

イギリスでは、正常な妊娠の場合、
妊娠12週と20週のたった2回しか
エコー検査(英: scan)がありません。

この貴重な2回は、夫婦にとって一大イベント!
あまり気乗りしてなさそうな夫を説得し、
初めて検診に一緒に行ってきました。

目次

  1. エコー検査
  2. 出生前診断
  3. もう性別がわかるかも?!~Nub Theory~

Related Page:
イギリス・ロンドン 妊娠・出産記事 一覧
Londonページ (観光・生活・レストラン情報他)




 

エコー検査

小さいながらも動いている赤ちゃんが見られ、
心拍の音を聞けるのは本当に嬉しい瞬間です。

日本では妊娠初期から何度も、
検診時にエコー検査がありますが、
イギリスだと問題なければたった2回のみ。
※私は妊娠前のBMIが低かったため、2回以上ありました。

夫も赤ちゃんが動いている姿や心音を聞いて、
急に実感がわいたようで、
帰りに嬉しそうな顔をしていました。




 

出生前診断

イギリスではこの12週の時に、
拒否しない限り行われるのが
出生前診断 (英: screening)。

日本では有料ですが、
イギリスでは無料で受けられます。

イギリスの出生前診断は、
妊婦の血液とエコー検査でわかる
赤ちゃんの首の後ろの厚さから、
染色体異常である可能性を推測します。




 
「出生前診断するよね?」という、
当たり前のような感じで聞かれ、
返事をすると血液を採取されました。

エコー検査後、1時間ほどで
検査結果が出るとのことだったので、
後日郵送でもよかったのですが、
夫も一緒にいたので、お茶しながら待って
当日聞きました。

 
結果を見てみると数字が4つ。

Screening結果

2種類のリスクの意味は下記の通り。

  1. Background risk – 母親の年齢から推測される確率(上)
  2. Adjusted risk – 血液検査&赤ちゃんの首の後ろの厚みから推測される確率(下)

どの染色体異常に対する確率かわかるようになっています。

  • Trisomy 21: ダウン症候群
  • Trisomy 13: パトー症候群
  • Trisomy 18: エドワーズ症候群

検査当時32歳。
年齢のみから判断すると、678分の1の確率でダウン症になりうる。
年齢が高ければ高いほど確率が上がるのが知られていますが、
32歳でも思っていたより可能性が高い…と思いました。

とは言え、嬉しいことに、Adjusted riskの方は
ぐっと低い値で一安心しました。




 
150分の1以上の確率だと、高リスクと判断され、
確定させるための追加検査が受けられます。
高リスクの場合は、追加検査もイギリスでは無料です。

もし万が一染色体異常が確定したら、
専門家のサポートやチャリティー団体からの情報提供を受け、
どのような決断するかを悩む機会が与えられます。

決断にいたるまでのサポートまで、
制度設計されている点には、とても関心しました。

(参考)
Screening for Down’s syndrome, Edwards’ syndrome and Patau’s syndrome. NHS.




 
日本でも有料で受けることができる出生前診断。
賛否両論ありますが、
個人的には受けることに関して反対ではありません。

染色体異常があれば、いつか知ることになります。
その事実を背負うことになるのも、家族です。

早めに知ることができれば、
様々な情報にアクセスし、悩み抜くことができます。
そうして腹をくくってした決断は、
どんな決断であれ、尊重されるべきだと思います。

そしてこの悩みに悩む時間は、
どのような決断であっても、
とても大切な時間なのではないでしょうか。




 

もう性別がわかるかも?!~Nub Theory~

イギリスでは、性別がわかるのは20週のエコー検査時ですが、
12週でもわかるかもしれないnub theoryという理論があります。

科学的根拠はなさそう…なのですが、
イギリスではたった2回しかないエコー検査の
初回時の楽しみの一つのようです。

12週頃のエコー検査で、赤ちゃんを横から見た時に、
背骨に対してnubと呼ばれる股間の突起の角度が

  • 30度以上だと男の子
  • 背骨とほぼ平行だと女の子

らしいです。

(参考)
Nub theory explained: Predict your baby’s sex at 12 weeks. Good to Know.

 
エコー写真にnubが写ってるかな?
と思いながら見てみると…有りました!

nub theory

nub theory

 
角度がある方なので、もしや男の子?!と思っていましたが、
20週のときのエコー検査で女の子と判明。笑
外れましたが、話のネタとワクワク感はいっぱいもらいました!

次へ: ついにつわり軽減!でも今度は便秘に悩む 14週 (作成中)
前へ: プレママセミナー等の情報収集方法&妊娠中の夫とのコミュニケーション 10週

 
Link
イギリス・ロンドン 妊娠・出産記事 一覧
Londonページ (観光・生活・レストラン情報他)

 
ご質問等あれば、お気軽にコンタクトページからご連絡ください。