イギリス・ロンドンで妊娠生活 インフルエンザワクチン接種 27週

Baby on Board Badge

私が妊婦だったのは2年くらい前の話ですが、冬になってきたので…
インフルエンザワクチン接種した時の話を更新します。

現在、コロナ禍でインフルエンザワクチンが注目されています。
今年も早々に予約して、受けてきました!
(現時点では、予約を確保するのが難しいようです)

イギリスでは、妊婦だと接種を推奨されていて無料なので、
GP等に相談してみてください。




 

イギリスのインフルエンザ情報

NHS情報では

  • 接種が推奨されている人
    • 妊婦
    • 65歳以上の高齢者
    • 基礎疾患のある人
    • 医療従事者
    • 子供 他
  • どこで受けられるか
    GP、薬局、産婦人科
    →日本と違って薬局でも!
     店舗によっては土日や平日遅くもやってるので便利です。

※詳しくは下記のNHSサイトをご覧ください
https://www.nhs.uk/conditions/vaccinations/flu-influenza-vaccine/ (NHS 英語)




 
NHSで推奨されている方は無料で受けられます。
薬局で受けても無料です。

その他の方は有料になります。
例えば、夫も受けておいて欲しいな…
と思うと有料になります。

薬局等によって値段が変わりますが、
概ね10~20ポンドです。

今年受けた際にはBootsで13.99ポンドでした。
日系病院では80ポンド超えらしいです。

ほとんどが予約制なので、
事前に予約して行ってください。




 

妊婦のインフルエンザワクチン接種

場所によってはMidwife検診時に受けられることもあるようですが、
私が行ったUCLHでは当時、
インフルエンザワクチン接種はしていないとのことで、
GPか薬局に行くように言われました。

Midwife曰く、妊婦や高齢者用のワクチンがあるとのことなので、
妊婦がワクチン接種する際はきちんと伝えること!と言われました。
(間違いなく聞かれる項目です)




 

Bootsでインフルエンザワクチン接種してきた感想

GPは電話繋がらないし、予約もどうせ1週間とか先になるし、
予約で行っても結局めちゃ待たされるし…
と億劫だったので、Bootsのオンライン予約を利用。

予約時間に行って、5分くらいで終了。(超早い!)

自分の情報&GPの情報を記入し、
薬剤師さんと質疑応答
(最近他に予防接種受けたか、アレルギーはあるか等)したのち、
予防接種して終了。
当時、妊婦だったので、もちろん支払いなし。




 
ビックリしたのは、打つ前に消毒したりしない笑
打った後は綿で数秒抑えて「血止まったね!」と言われて、
バンドエイドみたいなのも貼られなかった笑
(今年は貼ってくれました笑)

でも、こんなに気軽にできて、安価で土日でもできるなら、
妊婦じゃなくても毎年受けたいと思いました。




 
インフルエンザは特に子供が重症化しやすいことで知られています。
小さい子はコロナよりインフルエンザのが怖そう…
(参考: データで見るコロナ 〜コロナはどれくらい”ヤバい”のか〜 | Kaide (note)

イギリスでは2歳以上は推奨されているので、
今年はぜひ子供にも接種させたいですね。

子供のインフルエンザワクチン情報は下記です
https://www.nhs.uk/conditions/vaccinations/child-flu-vaccine/ (NHS 英語)

 
次へ: Midwife検診&Glucose Challenge Test 3回目のエコー検査 28W (作成中)
前へ: Midwife検診&百日咳ワクチン接種 25週

 
Link
イギリス・ロンドン 妊娠・出産記事 一覧
Londonページ (観光・生活・レストラン情報他)

 
ご質問等あれば、お気軽にコンタクトページからご連絡ください。